障害のリスクを減らす

妊婦さんが摂取したいと言われている葉酸は母体のためだけでなく、胎内で成長をする赤ちゃんにも必要な栄養素です。赤ちゃんの先天性の障害のリスクを軽減させることもできるよ言われています。特に妊娠初期に積極的に葉酸を摂取することで、リスクを軽減させることができると言われています。研究結果でも明らかになっていることで、日本でも厚生労働省でも葉酸の重要性を妊婦さんに伝えています。

赤ちゃん葉酸を摂取することで先天性の障害の「神経管閉鎖障害」が予防できると言われています。日本では1万人の赤ちゃんに対して6人の割合で神経管閉鎖障害の症状を発症している赤ちゃんが生まれてくるというデータが残っています。この障害が出ると脳の形成が不十分で無脳症になってしまう赤ちゃんもいます。葉酸を摂取していれば防げる可能性がある障害だからこそ、後悔しないために、そして何よりも健康で元気な赤ちゃんが生まれてくるために、葉酸の重要性を見過ごすわけにはいきません。

そのために多くの妊婦さんが積極的に葉酸の栄養素を摂取するために、葉酸サプリを利用している人が増えています。サプリであれば自分の空いている時間を有効に活用して、いつでも自分のペースで摂取することができるようになります。これを継続的に習慣化させることができれば、自分のためにも赤ちゃんのためにも健康促進に繋がります。